• TOP PAGE
  • 任意売却Q&A
  • 裁判所から「担保不動産競売開始決定通知」というものが届いたのですが...
よくある質問

裁判所から「担保不動産競売開始決定通知」というものが届いたのですが...

Q

住宅ローンを数ヶ月滞納してしまっており、借入先の金融機関(債権者)から何度か督促状や催告書が届いていましたが、そのまま放置してしまっていた結果、「担保不動産競売開始決定通知」が自宅に届きました。できれば今からでも任意売却したいのですが、この時点ではもう手遅れなのでしょうか?




A

まだギリギリ間に合う可能性があります。「担保不動産競売開始決定通知」とは、競売による不動産担保権の実行のことです。裁判所の競売の開札期日の前日までなら競売の取り下げができるので、競売の開始が決定していて入札期間に入っているとしても、任意売却することはできます。しかし、この時点ではほとんど残り時間はありませんので、今すぐに動かなければなりません。このまま何もしないでいると、そのうち「入札期日」の通知が送られてきます。そうなると、ほとんど手遅れです。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ