よくある質問

借地権付きの一戸建ての任意売却について

Q

住宅ローンを滞納しており任意売却しようと思っていますが、土地は借地です。任意売却は可能でしょうか。




A

地代を払っていない場合は借地権を失ってしまいますが、借地権の場合でも所有権同様に任意売却が可能です。

金融機関から住宅ローンの借入をしている場合、債務者の代わりに金融機関が地代を支払っているケースが実際には多いです。債権者としても、借地権を失い競売事件になって安く叩き売りされてしまうより、任意売却で少しでも多く負債を回収できた方が有利だからです。
まずは地代を含めた月々のお支払いがどのような契約になっていたか、また現状どうなっているかを再度ご確認ください。

しかし、ここでもう一つ問題になってくるのは、地主様の協力を得られるかどうかです。
物件の新たな購入者が住宅ローンを使用する際、金融機関の書類に地主様の実印・印鑑証明書が必要です。
地主様からの協力が得られず、新たな購入者が住宅ローンを組めなくなってしまうと、借地の価値は大幅に下がってしまいます。
地代をきちんと納めておくことは当然ながら、普段から地主様との関係性を良好に保っておくことが任売成功へのポイントとなるでしょう。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ