よくある質問

住宅ローンを延滞すると子供にも金銭的負担が及びますか?

Q

私たちのせいで子どもに借金の取り立てがきてしまわないか心配になっています。もう何もかもが疑心暗鬼です。




A

住宅ローンを延滞・滞納したとしても、直接お子さんに金銭的な被害が及ぶことはありません。
ただし、もしお子さんが連帯保証人になっているとしたなら話は別です。

連帯保証人は、単なる保証人とは異なり、借金をした本人と同等の責任を負わされることが特徴です。連帯保証人の場合、債務者本人の支払い能力に関わらず、連帯保証人の方からの方が取り立てがしやすそうだと債権者が判断した場合、連帯保証人から先に取り立てることができます。
連帯保証人はいかなる理由があろうと、この取り立てを断ることができません。

お子さんがもしもこの連帯保証人になっているならば、住宅ローンの延滞により、お子さんにも金銭的負担が生じてしまうので要注意です。購入時のご契約状況をご確認ください。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ