よくある質問

住宅ローンの滞納・延滞の記録は残りますか

Q

住宅ローンを滞納・延滞をしてしまったら、その履歴は残ってしまうのでしょうか?




A

延滞事故被害を与えた金融機関の顧客情報には、確実に金融事故歴が付いてしまいます。
金融機関には、個人信用情報というものがあります。何らかの支払い・返済が滞ると、その個人信用情報に「事故情報(延滞情報)」として記録されます。
毎月決まった支払い日から3ヶ月間支払いが遅れた時点で事故扱いとなり、「事故情報」に登録され、5年間は消えません。
この期間、新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることはできません。
5年もしくはそれ以上経過すれば「事故情報」は抹消され、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることが場合によっては可能となります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ