よくある質問

住宅ローンの残債があっても売却できますか?

Q

住宅ローンが残っているのですが、自宅の売却はできますか?購入当初とは経済事情が変わり住宅ローン返済が苦しいです。




A

もちろん、売却完了時にローンも全額返済できれば可能です。
つまり、売却金額と自己資金でローンを完済できれば、住宅ローンの残っている家でも売却することができる、ということです。

とはいえ、ローンの残額を全て支払えるほどの売却代金が得られるとは考えにくいのが現実です。不足分を手持ちの預金などから補うことができればよいですが、それも返済がきつい場合は難しいでしょう。

そこで、任意売却という方法が解決の糸口となります。
任意売却で不動産を売却すると、まずは返済できるだけの金額を借入先の金融機関に返済します。そこで返済しきれなかった残りの住宅ローンは、売却後に分割で返済を行うよう交渉することが可能です。場合によっては、免除ということもあるのです。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ