• TOP PAGE
  • 任意売却Q&A
  • 住宅ローンの延滞・滞納がどれくらいになると取り返しつかなくなるのでしょう?
よくある質問

住宅ローンの延滞・滞納がどれくらいになると取り返しつかなくなるのでしょう?

Q

収入減により、住宅ローンの返済を2ヶ月滞納してしまいました。今のところ、借入先の金融機関(債権者)から督促状が来ていますが、それ以外には特に電話などで連絡は来ていません。このまま催促を無視し続けるとどうなってしまうのでしょうか?




A

住宅ローンの返済を3~6ヵ月滞納すると、ご自宅は差し押さえされ、競売の手続きに入ります。その間、月に一度くらいのペースで督促状が届き、それでも滞納を続けると、内容証明郵便で競売決定の通知(担保不動産競売開始決定)が届きます。これが最終通告になりますので、このまま放置しておくとご自宅は競売にかかり、間もなく強制退去せざるを得なくなります。最終通告が来るとご自宅の競売がスタートしますが、物件の売却までには2~3ヶ月ほど猶予がありますので、場合によってはこの時点でも任意売却に持っていくことは可能です。ですが、早ければ早いほどご相談者様に有利に交渉を進められますので、住宅ローンの返済が滞りそう、あるいはすでに数ヶ月滞納している、という方はなるべくお早めにご相談下さい。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ