よくある質問

任意売却すれば自己破産を避けられるものなのでしょうか

Q

多額の借金(住宅ローンの残債務など)の返済が困難な状態になってしまっているので、弁護士の方には債務整理(自己破産)をすすめられました。ですが、自己破産してしまうと連帯保証人である親族に結局は債務を背負わせてしまうことになるため、できれば避けたいです。でも、任意売却することによって自己破産せずに済むものなのでしょうか?




A

程度にもよりますが、避けられる可能性が高まります。自己破産をお望みでないご相談者様のほとんどが、任意売却によって自己破産をすることなく新生活をスタートさせていらっしゃいます。住宅ローン返済の滞納以外にも、複数の消費者金融やカードローン、キャッシング等、多額の債務がある方は自己破産をした方が新たな生活をスタートしやすい場合もあります。自己破産は最終手段です。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ