よくある質問

不動産売却価格より残債の方が多い場合の売却は可能?

Q

不動産の時価より借入額の残りの方が多いのですが、そういう場合も売却できるのでしょうか?




A

売却すること自体は可能です。
ただし、売却金額での不足分を自己資金で補う必要があります。
つまり、売却金額と自己資金でローンを完済できれば、住宅ローンの残っている家でも売却することができる、ということです。

債権者は、不動産売却後に、他の債権回収会社に債権を売る場合が多く、交渉により債務を減額できるケースもあります。
また、支払いの目処が全く立たない場合には、自己破産や債務整理等の法的措置をとる、という手段もあります。

しかし、任意売却で不動産を売却すると、まずは返済できるだけの金額を借入先の金融機関に返済し、残りの住宅ローンは、売却後に分割で返済を行うよう交渉することが可能です。場合によっては、免除ということもありえます。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ