• TOP PAGE
  • 事例紹介
  • 離婚することになったが、自宅にはあと約3000万円の住宅ローン返済が...
事例紹介

離婚することになったが、自宅にはあと約3000万円の住宅ローン返済が...

まさかの査定額に愕然、そんな時の任意売却

4LDKのマンションを5年前に購入しましたが、このたび夫との離婚が決定。夫が1人で住むにも、私たち母子2人で住むにも、月々の返済額が厳しいと判断し、手放すことを決めました。しかし、マンション価格を鑑定してもらい、残りのローン支払額をはるかに下回る金額に愕然としました。ただでさえ離婚というだけで気が重いのに、名義や連帯保証人の問題、そして何より残った債務をどうしたらよいのか、難しいことだらけで憂鬱で仕方ありませんでした。

そんな時、任意売却という方法を知りました。面倒な手続きや専門的な問題などすべて司法書士の先生と「任意売却無料支援.com」さんが解決して下さり、本当に救われた思いでした。近くに引っ越し先を見つけるお手伝いまでしていただき、子供も転校せずにすんだことをとても喜んでいます。これからは、親子ともども心機一転暮らしていきたいです。(埼玉県N.H様)


担当スタッフより(相談員:高橋)

初めにご来店いただいた時は、顔色も悪く、ぐったりされていたH様。かなりお悩みの様子でしたが、お話しを重ねるうちに、少しずつ笑顔を取り戻されていきました。残債については、H様と元のご主人のお2人で分担して返済していかれるということになりました。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ