• TOP PAGE
  • 事例紹介
  • 親の介護のため、妻が退職。地元の不動産屋では買い手がつかず
事例紹介

親の介護のため、妻が退職。地元の不動産屋では買い手がつかず

債権者との交渉は専門業者にお任せしました。

住宅ローンの返済、マンションの管理費等、固定資産税などで年間150万円ほど住宅費として支払ってきました。しかし、近くに住む両親に介護が必要となり、妻が仕事を辞めることに。住宅ローンの返済を続ける目処が立たなくなったため、地元の不動産屋にマンションの売却を依頼したところ、ローンが残っている物件は債権者である借入先の金融機関の許可が必要とのことで、夫婦で借入先に交渉に行きました。

しかし、地元不動産屋にすすめられた金額と債権者が提示する金額との折り合いがつかず、交渉は難航。(まぁ素人なので今思うと仕方なかったのかもしれません)そんな時に任意売却専門の不動産屋があることを知り、「任意売却無料支援.com」に連絡してみました。債権者への交渉は専任の司法書士の先生が、売却活動は不動産屋さんがスムーズに進めて下さり、どうにか買い手が見つかりそうです。やはり「餅は餅屋」ということなのでしょうね。(東京都N.H様)


担当スタッフより(相談員:平田)

はじめ、任売の実績があまり無い不動産屋さんで満足のいく対応をしてもらえなかったという50代のN様ご夫妻。2人のお子さんが既に独立され、ご夫婦2人で堅実に暮らしていらっしゃったので、奥様がお仕事を辞められてからも無理の無い範囲で残債の支払いを続けていけるよう、話がまとまりました。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ