事例紹介

残債は任意整理で無理なく返済を続行

突然、無職になり自宅の売却を決意。残債は任意整理で無理なく返済を続行

勤めていたシステム会社が、突然倒産し無職となりました。私の得意とする分野が斜陽産業だったためか、またその業界に拘り過ぎたせいか、転職先はなかなか決まらず、2700万円ほど残っている住宅ローン残債は、妻の稼ぎだけではとても返済していける状況ではありませんでした。
自宅を手放すことを決め、「任意売却無料支援.com」に相談。2カ月ほどで売却が決まりました。それでも残債が800万円ほど残ってしまったので、ご提案いただいたのが任意整理という方法。これにより、無理の無い範囲で月々の返済を続けていけるようにしていただきました。自己破産はどうしても避けたいという私どもの希望を汲んでくださり、最適な方法をご提案くださった「任意売却無料支援.com」に感謝しています。 収入は減りましたが別業界で私の転職先も決まり、現在はこれまた良心的な賃料のマンションを紹介いただき新生活をスタートさせています。(東京都Y.N様)


担当スタッフより(相談員:高橋)

最初にご相談にいらっしゃった時から「どうしても自己破産だけは避けたい!」という強い意志をお持ちだったN様ご一家。ご主人も転職活動を頑張っていらっしゃったので、その誠実さと真面目なお人柄、そして熱心さに私たちも突き動かされました。もちろんどのお客様も平等にご対応しておりますが、お客様ご自身の強い思いが何より結果を左右するということが顕著に現れた案件でした。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ