事例紹介

突然、事実上の解雇。住宅ローンが家計の重荷に

自己破産を避けることができました

17年前、3780万円で3LDKの比較的当時としては築浅の中古マンションを購入しました。都内の通信情報系の会社に勤務していたのですが、突然、他の会社に吸収合併され、多くの社員が辞職を迫られることに。妻もパートで働いていましたが、私の転職もなかなか決まらず、住宅ローンの月々の返済が家計に重くのしかかりました。

どうにか打開策は無いかとインターネットでいろいろ調べていたところ、任意売却という方法を知り、自宅を売ることを決意。その後、転職先も自宅の売却先もトントン拍子に決まり、今は実家で両親と同居しながらどうにか普通に暮らしています。あのまま無理をして住宅ローンを払い続けて破産していたら...と思うと今の生活が送られることに感謝です。(神奈川県横浜市M.H様)


担当スタッフより(相談員:高橋)

前の会社にお勤めの頃は、収入も安定しており、もちろん月々の返済もしっかりされていたご主人様。借入先との交渉期間中にご主人様の転職先が決まったこともあり、その後はすぐに交渉がまとまりました。物件は決して新しくはありませんでしたが、駅近だったこと、またきれいに使われていたことも幸いし、すぐに買い手が見つかりました。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ