用語集

親子間売買(おやこかんばいばい)

親子間、親族間で不動産を売買することです。
金融機関と信用保証会社との保証契約の中に「貸付対象物件の売主が、申込み本人の配偶者・親・子のいずれかである場合保証の対象とならない」という項目があり、 親子間や夫婦間の不動産売買では、住宅ローンを融資しない旨の条項があるため、親子間売買は住宅ローンの利用を金融機関がなかなか認めてくれない場合がほとんどです。現金が用意できれば、ほとんど問題ありません。
金融機関は原則、親子間売買の場合、融資はしないのですが、売買契約書があり、その売買契約に第三者(不動産業者)が媒介していることで、客観性が確保された上での売買契約であることが認められると、例外的に融資を受けられる可能性もあります。
親子間売買は非常に難しい案件のため、経験豊富な不動産業者を選ぶことが重要です。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ