用語集

給与差押(きゅうよさしおさえ)

金融期間等の債権者が、債権を回収するため、裁判所に申し立てる法的手続きのひとつで、「債権に対する強制執行」の代表的なものです。
債権の差押命令は、給与の支払い主である勤務先に送達された時点で効力を生じるため、債務者より先に債務者の勤務先に送られます。債務者に対する事前の予告・通知義務は一切ないので、借金を抱えていることを勤務先に知られることになってしまいます。
ただし、給与差押は給与の全額ではなく、差押できる範囲が定められています。手取り(給与支払額から税金や社会保険料などの法的控除額を引いた額)が、44万円以下の場合は1/4が差押えの対象に、44万円を超える場合は33万円を超えた全額が差押の対象になります。給与のほか、退職手当は1/4が差押えの対象、役員報酬は全額が差押の対象です。なお、年金・恩給・失業保険等は全額が差押を禁止されています。
債権者が複数いたとしても、この額以上は差押出来ないことになっており、債権者同士でこの額を分配することになります。また、差押により生活困難となる場合は、憲法の「最低限の生活の保障」の観点から、差押停止の訴訟を申し立てることも出来ます。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ