用語集

登記簿(とうきぼ)

登記簿とは、不動産の権利の取得・喪失・変更などの物的状況や権利関係を示し、その登記事項を記載するための公の帳簿のことです。不動産登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、不動産の地番や地目などが記載された表題部、所有権に関する権利が記載された甲区、所有権以外の権利(抵当権など)が記載された乙区から成ります。土地は一筆ごとに、建物は一棟ごとにそれぞれ記載されています。
「登記簿」に記載された内容全部を写した文書を「登記簿謄本」といい、登記官が「登記簿謄本」の末尾に押印することにより、その内容が正しいことを証明します。つまり、登記簿のコピーのことです。
現在は、登記事務がコンピュータ化されているため、登記簿謄本は発行されず、謄本と同一の効力がある「登記事項証明書」が発行されます。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ