用語集

現況調査報告書(げんきょうちょうさほうこくしょ)

裁判所の執行官が、執行裁判所の命令により、実際に競売の申し立ての合った物件を見た上で、その物件に関する土地の地目・建物の種類・構造等の現況のほか、不動産を占有している者の氏名やその者が占有する権限を有しているかどうかなどについて調査した内容を記載した書類のことです。不動産の公図や写真等も添付されており、誰でも閲覧はできます。
これは、最低売却価額の決定や引渡命令をする際の判断資料として、また物件明細書作成のための重要な参考資料として用いられます。
この現況調査が入ってから、平均的に約5ヶ月後位には競売の入札となります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ