用語集

抵当権(ていとうけん)

抵当権とは金融機関が不動産を担保に融資をする際、お金が返ってこなくなったときの保証としてその所有者の不動産に設定する担保権のことです。
抵当権は、当事者の合意によって成立し、登記簿の乙区に記載されます。引渡しを要しないため、抵当権設定後も引き続き債務者による使用収益が可能です。 債権が弁済されない場合、債権者は抵当権を実行し、担保である不動産を競売や任意売却などで売却して債権を回収します。担保物権にはほかに質権、留置権、先取特権があります。
なお、抵当権から優先的に支払ってもらえる順番は、登記の順になっています。(優先弁済)
抵当権は特定の債権一度きりに使用される担保権なのに対し、根抵当権は一定限度額(極度額)以内なら何度でも不特定の債権の担保として使えるという便利な担保物権です。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ