用語集

利息制限法(りそくせいげんほう)

お金の貸し借りにあたって利息の最高限度を定めた法律のことです。元本が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%と定めています。
印紙代や保証料など契約にかかわる経費を除き、礼金・手数料・調査料などの名目で徴収する元本以外の金銭も利息とされます。
 
上限金利を超えて支払った分は、残存元本に充てられ、元本が完済した後に返還請求ができます。
ただし、利息制限法の上限金利を知りながら自分の意思で支払った場合などは返還請求できないと定められており、この法律に違反しても罰則規定は特にありません。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ