用語集

個人民事再生(こじんみんじさいせい)

破産法に基づく債務整理の方法のひとつで、

・将来において継続的に収入を得る見込みがある、または給与等の安定した収入を得てかつその変動幅が小さい
・住宅ローン以外の借金の額が5,000万円以下である

という条件を満たす人が利用できる手続きです。手続きの内容は、原則として、100万円または借金を5分の1(いずれか多い方の額)に減額した上で、それを3年で分割して返済すれば、残りの負債が免除されるというものです。
自己破産とは異なり、免責不許可事由があるケース、職業上破産の欠格事由に該当するケースでも使うことができ、住宅を手放さずに借金を減らすことが可能です。
個人民事再生には、債権者の決議を必要とする「小規模個人再生」と、決議を必要としない「給与所得者等再生」の2種類の制度があります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ