用語集

仮差押え(かりさしおさえ)

金銭債権を持つ人が、債務者の財産を暫定的に押さえておく手続きのことです。これは、将来の強制執行ができなくなることを防ぐためになされます。債権者が、債務者から債権回収が出来ない危険性があると判断し、仮差押えの手続きをすると裁判所から突然、「仮差押え」の通達が届きます。仮差押の手続きは裁判所へ申請書面と保証金を収めれば簡単に発行されますが、法律に基づく手続なので債権者が訴訟を取り下げない限り、拒否することはできません。
仮差押の対象が不動産の場合は、その旨が登記簿に記入されます。勝手に処分したりすることは制限されますが、仮差押の対象物を売却することは法的には可能とされています。
仮差押は本差押と同様、不動産、動産(価値有る物品)、預金口座、債権、有価証券等が対象となります。場合によっては給料を仮差押えされる場合もあります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ