用語集

一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

不動産の売買・賃貸を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約のひとつで、依頼者が他の宅建業者に、重複し媒介や代理販売を依頼することが許されるもののことです。ほかに専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。一般媒介契約の方が依頼者・売主側にとっては有利な取引の機会が広がるということになりますが、任意売却では一般媒介ではなく専任媒介をもらっていなければ応じられないという金融機関や債権者がほとんどです。これは依頼者(債務者・売主)側の窓口を1か所に確定し、個人情報を含めた話し合い・交渉事を行うためです。また、宅建業者側からしても成功報酬が得られる保証が無いため、積極的な媒介行為を行わない場合もあります。また一般媒介契約には、他に依頼した業者名を明らかにする明示型とこれを明らかにしない非明示型とがあります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ