用語集

ハンコ代(はんこだい)

ハンコ代とは、任意売却において後順位の抵当権者に対して、抵当権抹消を協力していただく一時金のことです。その支払う金額をハンコ代と言います。
任意売却をするためには、すべての抵当権等を抹消する必要があります。しかし、オーバーローン・債務超過の場合には、任意売却でも競売でも、全ての後順位抵当権者に配当が行き届くことはありません。このように、どのような方法で不動産を売却しても配当が無い場合に、わずかながら債権者に一時金を支払って回収の一部に充ててもらう、というのがこのハンコ代です。
各抵当権者への支払額は交渉次第で決まりますが、住宅金融支援機構では、後順位担保権者に抵当権等の抹消をしてもらい任意売却を促進させるために、ハンコ代として次のように定めています。
・第2順位   (1)30万円 (2)残元金の1割
・第3順位   (1)20万円 (2)残元金の1割
・第4順位以下 (1)10万円 (2)残代金の1割
注* (1)または(2)のいずれか低い方の額

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ