任意売却とは

任意売却をおすすめする理由

任意売却とは?

任意売却で、損失もご負担も最小限におさえましょう。
住宅ローン返済滞納・競売回避、解決のお手伝いをいたします。

何らかの事情により住宅ローンの返済が困難になった際、各金融機関との合意に基づいて、ご自宅が競売にかかる前に売却する手続きのことです。表面上は通常の売却と変わりなく、手数料などの費用もいただきません。自己破産を防いで債務(借金)を最小限におさえ、ご相談者様のプライバシーもお守りします。
債務者(ご相談者様)の賃金減少・失業・会社倒産・離婚等、様々な原因で住宅ローンの支払いを延滞すると、金融機関や裁判所から確認の連絡や督促状などが届き始めます。住宅ローン返済が困難になると感じた場合は、借金を重ねて住宅ローンの返済に充てたり、弁護士などに相談する前に、まずは弊社までご相談下さい。相談料・成功報酬・手数料などはご相談者様の負担は一切ございません。専門の相談員が丁寧に、誠意を持ってご相談に応じます。

任意売却が無料の理由はコチラ
競売にかかるまでの流れ
任意売却ができる期間  
   
住宅ローン返済ストップ 3ヶ月 債権回収会社へ 1ヶ月 差押え 1ヶ月 裁判所からの通知 1ヶ月 執行官調査 6ヶ月 入札・競売開始 1ヶ月 落札・競売終了

住宅ローン返済の滞納から差し押さえ・競売にかかるまでは、このような流れで進みます。既に金融機関や裁判所から督促が来ている方でも、まだ手遅れではありません。私どもが解決のお手伝いをいたします。

任意売却の詳しい流れはコチラ

任意売却による6つのメリットを競売になった場合と比較してみましょう。

1残債務(借金)は最小限におさえます
  • 任意売却:市場価格に近い金額で売却 → 債務を最小限に
  • 競売:市場価格よりかなり安く売却 → ご自宅を失い、債務(借金)も多く残る

意売却は市場価格に近い金額で売却できるため、競売に比べ、一般的に高額で売却することが可能です。その結果、残債務(借金)を少なく圧縮することができます。競売の場合、相場価格よりかなり安く(5~7割程度)売却されるので、家を失ってもなお残くの債務が残ってしまいます。

2無理なく残債務(借金)を返済できます
  • 任意売却:無理の無い返済方法を交渉することができる → 自己破産などの最終手段に陥ることなく新生活をスタート
  • 競売:残った債務の返済方法を交渉できない → 残債務を一括請求されてしまう場合も

任意売却は残りの住宅ローンについて、交渉により債務者(ご相談者様)にとって無理の無い返済計画を立てることが可能です。競売の場合、残債務の返済方法を交渉できないため、一括請求されしまうケースもあり、最悪の場合は自己破産に至ることも。

3引っ越し時期・資金などの希望を聞いてもらえます
  • 任意売却:債務者(ご相談者様)のご希望に沿っての退去が可能 → 転居先が決まり引っ越し完了後の引き渡しや、引っ越し費用の確保ができる
  • 競売:債務者の希望は考慮されない → 全て自費で強制退去をさせられる場合も

任意売却は交渉により、引っ越し資金を確保することが可能です。また引っ越し時期も、債務者(ご相談者様)の転居が完了した後に物件の引き渡しとなることがほとんどです。競売の場合、引っ越し時期は考慮してもらえないどころか、全て自費で退去させられてしまいます。

4ご家族のプライバシーをお守りします
  • 任意売却:秘密厳守 → 表面上は通常の売却と変わりなく手続きが進む
  • 競売:新聞・チラシなどで競売物件として情報が公開 → ご近所に知られてしまう

任意売却はご近所に知れ渡る前に通常の売却活動を行うため、競売にかけられているなどの情報を周囲に知られずに解決することが可能です。競売の場合、新聞やチラシなどの広告のよって競売にかけられていることをご近所に知られてしまいます。

5マイホームを失わなくて済む場合もあります
  • 任意売却:お身内や投資家の方の協力を受けられる場合がある → そのまま現在の住居に住み続けられる可能性も
  • 競売:どのような条件でも交渉はできない → 退去は確実

任意売却ならお身内や投資家の方の協力次第で、いくつかの条件を満たせばそのまま現在の住居に住み続けることができる場合もあります。

6精神的な負担は最小限に
  • 任意売却:表面的には通常の物件売買と同じ → 交渉により、失うものや精神的負担を最小限に
  • 競売:強制的な物件処分は免れない → 先行きも見えず、「奪われた」という気持ちが精神的な負担を高めてしまう

任意売却は表面的には通常の物件売買と変わらず、計画的に新生活をスタートすることができます。競売の場合、先行きも見えず、法的手続による強制的な物件処分での精神的な負担も大きくなります。

相談料、成功報酬などありません、残債処理や引越代のアドバイスいたします、秘密厳守いたします
無料相談フォームへ
※早期対応、売却を心がけており、東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産物件の任意売却・競売回避ご相談承ります。
住宅金融支援機構などの金融機関からの「最終通告」「催告書」、あるいは「期限の利益の喪失通知」「競売開始決定通知」などが届いている場合はお手元に文書があるとより具体的なコンサルティングが可能な場合がございます。
※相続物件の任意売却、離婚後の財産分与で任意売却をご検討の場合もご相談は無料です。
ページのトップへ